スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

見栄心

ダイエーに買い物に行く。
エレベータにて、娘より小さい男の子を連れた他の家族と一緒になった。

より、操作盤近くにいたその家族のお父さんが、
階数指示のボタンを押そうとした所、一瞬にして泣き出した男の子が「ボタン押したい~;;」と連呼しながら駄々をこねていた。

うちの子も、まだボタンを押したいお年頃なので、
どんな反応をするかと表情を覗いた所、
意外と静観を決め込んだような表情で、
ゆっくりと僕らの方を向きかえると、
「私は(駄々をこねるような子供と)違うよね?」と、
大きな声で言い放った。

お姉さんぶりたい雰囲気が多分に伝わって来て微笑ましかったのだが、
相手の両親もいた手前「お前も、いっつも押したがるがや」と、
ツッコミを入れておいた。
向こうの両親とカミさんには受けていたが、
突っ込まれた本人は何故笑われたのかわからない様子。

エレベータを出たところで、娘のプライドのことも尊重してあげねばと思い返し「あそこで、ボタンを押すことを我慢できたのは、偉いね、お姉さんだね」とフォローしておいた。

スポンサーサイト

2007年10月01日 馬鹿親日記 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。