スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

みやげばなし

なんだか良くわからないけど、東京へ、大阪へ、出張を繰り返す日々。
もう出張が日常とかしてしまって、あまり珍しくもなくなってしまったが、
それでも当初は、それなりにお土産を買ったりしていた。

お土産物にこだわりの無い僕は、必然的に一番目に付く無難なものを主に購入しており、
某雑誌のランキングでも、それぞれの地域で一番になっている下記のものである。
・東京:東京バナナ(正確には、東京ばな奈?)
・大阪:551の豚まん

東京バナナは、バナナから作ったと思われる、
謎のクリームをスポンジ生地で包んである、"萩の月"の亜種。
女(嫁)、子供(娘)は喜んで食う。
僕には、物足りない。

551の豚まんは、蓬莱というお店?の豚まんで、
すこぶる旨いが新幹線の中で食べると匂いがきついです。
A型の先輩は、同僚に指摘されて以来新幹線で食べなくなった。
僕は、平気だ。

同じ千円はたいても、腹の満たされ具合を考えると豚まんのが、
かなり上だと個人的には思っている。
考えてみると、どっちかと言うと西よりの名古屋のお土産のういろうも、
どっしりしている。
普段地元の人は食べないであろう、お土産には外の人が抱くであろう、
その土地へのイメージがこびりついてて面白いと思った。

スポンサーサイト

2007年01月29日 その他 トラックバック(0) コメント(0)

コメントの投稿







管理者にだけ公開する


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。