スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

広告出るな。

なんかしばらく書いていないうちに、えらく管理ページとかが変わってる。
進化だ!
取り急ぎエロ広告なんかを一括削除してお掃除。

スポンサーサイト

2009年04月22日 その他 トラックバック(0) コメント(3)

ともだち

21世紀少年読了。
ともだちの正体については、何の予想もしていなかったので、
特に感慨も無いが複線が薄い部分からの登場だったので、
何となく肩透かしのような気分にはなった。

ただ、別に"ともだち"の正体云々がこの作品の魅力だと感じていたわけでもないので、絶妙なストーリーテリング等に最後まで引き込まれつつ、結局面白かったなぁ等と小学生でもいえる感想しか出てこない。

映画化の話もあったので楽しみです。

終盤に主人公が「友達になんてなろうと思ってなるもんじゃなく、自然になってるものだ。」みたいな台詞を吐くシーンがあったのだが、多分に同意。

このブログのメニュー方向に、いつの間にか「友達になる!」みたいな項目が増えていたが、これを思いついた人には、是非ケンジさんの台詞を読んでみて欲しい気もする。

友人関係といえば、年々シャイになってきていて、はっきりした意思表示が必要かなと言う自己反論もあるのだけど。

2007年10月01日 その他 トラックバック(0) コメント(0)

尿管結石

三連休も終わりとなり、今日からは、久しぶりの仕事だなぁと思い少し早め(午前5時頃)に目が覚める。

目が覚めきっていないのでボーっとしていると、右の横っ腹に何となく違和感が。

続きを読む

2007年07月20日 その他 トラックバック(0) コメント(3)

待望の台詞

2007年6月23日は記念すべき日となった。
4歳の娘がついに「みやちゃん、パパと結婚する~」と、発言したのだ。
記念に、家族そろって猿公園に遊びに行きましたとさ。

2007年06月25日 その他 トラックバック(0) コメント(0)

MOTHER3やってた。

モンスターハンターフロンティアのβ2が延期になったので、去年からペンディングしていた、MOTHER3をやった。
1作目は、中学生、2作目は、高校生でプレイした僕も既に子供を持つようになった。
感情移入の対象も、ネス(前作の主人公から少年)からフリント(近作の主人公の親父)へ。
はじめの悲しい展開に、なかなかゲームを進める気になれず、やめてしまおうかとも思った。

後半の章に入ってくると、各章でさまざまな理由で状況に立ち向かわなくてはならなくなった、キャラクターが集まってきて、頼もしくなってきた。
前半感じた悲しさにプレイヤーとしても立ち向かう気持ちがわいてきて、
その後は一気にエンディングまで進めることができた。

生来、乗せられやすい性格なので、面白い場面では声を上げて笑えたし、
悲しいシーンになりそうな予感がすると、家族が寝た後にプレイしてゲームの前で涙した。
考える余地を残してあるので、より感情移入できた。
ただ、たまにはいる、モノローグは押し付けがましく個人的には邪魔に感じた。

MOTHERはシリーズ通して、とてもほのぼのなんて言えない悲しさを秘めている。
それでも、解釈によってはとても救いの無い最後も含めて、やってよかったと感じるゲームだった。
ごちそうさま。

2007年03月08日 その他 トラックバック(0) コメント(0)


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。