スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

くらふたーずかっぷ

クラブ飛鳥で開催されている、クラフターズカップも既に3回目。
今回のテーマは、着ぐるみ!!おっとこいつは追い風だ!
しかくまでそのままゴーだ!と、心の中でほくそ笑んでると。
くまだめよ?新しく作ってね?とリンゾさんからのお達し。
取り急ぎパンダを作って準備。

月日は流れ、先週開催日がやってきた。
最近ログインしていなかった、恥ずかしさからか、早朝クラブ飛鳥にこっそり侵入する私。
なんかすげーシェンロン!?がお出迎え。
その他の作品もかなりのレベル。。

なんかおちゃらけで、作ったパンダの置き場は無いなぁと思い、とぼとぼ辺りをさまよう。
スタジアムで、ヒロアキさんと、雑談の後出社した。

スポンサーサイト

2007年01月29日 SecondLife日記 トラックバック(0) コメント(1)

きせつかん

一週間ほど前から、コンビニでバレンタインデー用のチョコを売っていたりするが、よく考えるとまだ一月。
そんなに日持ちするものだろうか?
まぁ、もらえるものでも無し心配する必要も無いが。

同じように、恵方巻きもこの週末には販売されていた。
ここまできて、ふと思いついた。
わざと季節感を、損なわせようとする悪の秘密結社でもいるんじゃないだろうか?
季節感を失ったわれわれは、いろいろな生理的なバランスが崩れ、怒りっぽくなって戦争を引き起こしたり、性欲減退で少子化につながったりするんじゃないだろうか!?
いや、しないか。
馬鹿がふと思いついたことには、ろくなことが含まれていない。

まぁどんな時期でも、他人からのプレゼントはうれしいものですね。
決して催促ではありませんが。。

2007年01月29日 SecondLife日記 トラックバック(0) コメント(0)

SecondLifeの夢

年末年始いつもと違うことをしてたり、
ちょっと会社も忙しかったこともあって、
SecondLifeできてい無い状態が続いていますが、
昨日出張先のホテルで、SecondLifeの夢を見た。

いつものように桃源郷に行くと、景色がまったく変わってた。
どうもボスは、自分のSIMを買って移転してしまったらしい。
飛鳥も空っぽで、リンゾさんはJPグリットに活動拠点を移してしまっていた。
(しかも何故かみんなJPグリットにいけるのに、自分だけは入れないという夢設定になっていた。)
とぼとぼと自分の土地に戻ってみると、絶賛売出し中の看板。。。
急いでメールを確認すると「あんた家賃滞納しとるからもう土地うっちまうことにしたから~w」みたいなことが英語でつらつらと。。
ちょっと待ってよと思い、スタジアムに行くも何故か外国の人ばかりが踊っている。
そこで目が覚めた。

実際ありそうで、なんともいえない夢でした。
ちなみに初夢ではございません。
(初夢は、高校時代に戻って部活でトレーニングしてた。)

2007年01月09日 SecondLife日記 トラックバック(0) コメント(3)

のろけられる

弓道部時代の先輩に彼女ができたらしく、のろけのメールが飛んでくる。
そんな暇があったら就職してくださいとか、今度の彼女は叩かないようにねとか、毒の入ったメールを返してたら。
「一度も女に手を挙げたことなぞ無いわ!」と怒られた。
7歳年下は、犯罪だと思うのですがいかがでしょうか?
卒業後もいろいろ世話になっている先輩だけに、本心では、お幸せにと思う。

こんなこと書いていたら、久しぶりに弓道をやりたくなってきた。
既に袴の着方とかは、忘却のかなただが流石に型は、忘れていない。
絶対的に当たらない自信があるが、2段ってのはいつまで有効なんでしょうか?


2006年12月20日 SecondLife日記 トラックバック(0) コメント(4)

ヤッターワンと三十路

自分で形考えて物を作ってると、めんどくさがり屋だからか、
簡単に出来る形状の組合せで考えてしまう。
このままではいつまでも技術向上しないなぁとか、
考えて、習作として"ヤッターワン"を作ることにした。
タイムボカンシリーズのロボットは、動物とメカが融合しているデザインが、
なんと秀逸なことか、、、って言うか単純に大好き。

曲面多目で、最初から難航。
取り合えずバランスを見る為にラフモデルを作成。
変なペンギンもどきになる。

ボカンマシンは、絶妙なバランスで出来てるんだなぁと、
軽く諦めモードになりつつ遊んじゃおうかなと思っていたら、
もぐたんと、なぜか寸詰まりになってるマイスターが現れた。
(寸詰まりは再ログインで、直った模様。。何かのバグか?)

変なペンギンを前に、少し恥ずかしいなぁと思っていると、
このへぼラフモデルになにか感じていただいたのか、
マイスターが、「びっくりドッキリメカー」と発言、
取り合えず、もう少し精進しようかと心改めたつもりになった。

しばらく、思い思いの物を作成していたが、
明日誕生日だったことを思い出し、祝うことを要求してみた。

お二人の併せ技で、ケーキを作成いただく。
チョコレートの"ゴズマくん、たんじょうびおめでとう"と、
蝋燭からほどばしる、やたらめったらでかい炎がポイント。

浮かれて、ケーキを掲げ持つポーズを作成して、そこらを練り歩く。
20台最後の作成物がこのポーズと指摘されしばしへこむ。
願わくばダンディーな三十路を歩めるよう祈りつつ、本日は筆を下ろす。

2006年12月13日 SecondLife日記 トラックバック(0) コメント(6)


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。